ツイッターでルミナー・テクノロジーズのプレマーケットがとんでもないという情報を見てみたら、あまり驚かないわたしもさすがにびっくりたまげましたね。いきなり50~70%もの上昇とはいくらなんでも予想外すぎます。

今日の昼頃に海外の投資家から「$LAZRオプションが超強気の流れでやばいぞこれ」という情報を仕入れてちょっとわくわくしていたところにこの情報です。いよいよQ3の発表、そして期末に向けてルミナーのアクセルが踏み込まれてきたように感じますね。さすがにマーケットが開いてからは収斂していくでしょうけど、これで適切な株価レベルと思われる20~23ドル程度から上方向に向かって1段階駒を進めることになるのではないでしょうか。※株価を推測するのはあまり賢明ではないし誰にもわからないことなのでたいして意味はないと思ってください。

「NVIDIAのハイペリオンプラットフォームに採用されました」

これはもうエヌビディアのブランドに見事にうまく乗っかりましたよ。オースティン・ラッセルは次のように余裕のコメント。

当社(ルミナーとエヌビディアについて)の技術が主要な自動車メーカーにとって次世代の安全性と自律性を実現するための事実上のソリューションになりつつある

ルミナー公式ウェブサイト

NVIDIAに選ばれたことの意味

これについてはフォーブスの記事を引用するのがわかりやすいと思います。

NVIDIAは、OrinSoCコンピューティングハードウェア、AI対応ソフトウェア、LuminarIrisを搭載したDRIVEHyperionシステムを2024年から自動車メーカーに供給することを目指しています。(中略)カメラとレーダーなどのセンシング機能も統合するこのプラットフォームには、量産車が高速道路の運転で自律的に動作するために必要なすべてのものが含まれています。

フォーブス

いかがでしょうか?とてつもないリアルタイムデータ処理を必要とするコンピューティング技術は自律運転に不可欠であり、それを可能にする技術と量産体制を兼ね備えたサプライヤーは世界広しといえどもそれほど多くありません。中でも最強のテクノロジーを持つNVIDIAのエコシステムにルミナーが組み込まれるということは、自動車メーカーとすれば「中心になる開発は○○社で、LiDARを使うか、それとも他の技術で対応するかは検討しないといけませんね」というような悠長なことを考える必要がなくなり、NVIDIAと話をすれば基本的には自律運転のあらゆるものが揃ってしまうということです。

Hyperionスイートに含まれる製品群。カメラモジュールはやはりソニーが強い!

今回のビジネスについてはつい先ほど発表された内容ではありますが、当然水面下でずっとパートナーシップの枠組みが進められてきたわけで、その過程で自動車メーカーともどこと組んで自律運転機能を提供できるのかというやりとりは散々行われてきたはずです。となると期待できるのはルミナーの次の契約先です。オースティン・ラッセルが「NVDAとLAZRのパートナーシップこそが事実上のソリューション」と強気で述べるだけの根拠はもう既にあると推測できます。それがメルセデスやアウディであれば素晴らしいですね、ただビジネスの観点から言うとVWグループ(アウディ単体ではなく)またはトヨタとの契約があれば出荷台数は夢の世界に到達します。

→NVIDIAとの関係性についてはこちらもご参考にしてください。

しかし忘れないでください、NVIDIAが自律運転に必要なDrive AGX製品を売り込み始めるのは2022年からを予定していると言われているものの、DRIVEHyperionのプラットフォームを供給するとしているのは2024年です(11月10日追記:2024年までに、となっていました)。まもなく2022年に突入しようとしているとはいえ実際の供給までにはまだ丸2年以上かかる見込みになり、自律運転の普及もまだもう少しの時間を要すると考えられます。いずれにしても$LAZRについては中期~長期的な投資が望ましいということに変わりはないでしょう。

また、今回の情報で意外だったのはL3の実現に必要なIrisは前向きの1台、と明らかにされた点でした。となると現時点でわかっている単価が1,000ドル、これに採用された車両の生産台数をかけるとある程度の売上のベースが見えてくるのかもしれません。単価は契約の増加とともに早い段階で下がることになるでしょう。

と言ってもあと数日でQ3の発表ですから今週中には新しい情報が出てしばらくわくわく(がっかりの可能性が無きにしもあらず)することになるのでしょうね。なんと言ってもルミナーは公式に「どこと商談中ということにもはや意味はなく契約書が証明する」と言い切り、目標の数値も引き上げているのです。ツイッターでも書きましたが、いい加減ズルズル下がる株価にため息をつくことなく、「勝者のメンタリティ」でゆとりをもって眺めていたいものです。同じことはベロダインの株価にも言えますけどね。ただ今日は$VLDRも同様に強気でLiDAR関連が軒並み熱い (11月10日追記:クローズでは下げていました) ようです。

最後にまた脱線しますが仮想通貨の$ADAが急騰して一気に含み益が出始めました。ボラティリティが大きくて仮想通貨もなかなか面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です