つい先ほど発表されたLuminar TechnologiesLAZR)の第2四半期決算内容は予想通り至って順調そのもので、次の目標をも引き上げる内容となっています。情報はいろいろなメディアから出ていますが、この記事を読んでいただければそれでじゅうぶんだと思います。

財務ハイライト

売上は630万ドルと、前年同期比でほぼ倍増しました。が、数字が小さすぎるので「順調に増えている」とだけ認識すれば良いでしょう。

BSの方に目を向けてみると、現金等と有価証券の合計は2020年末の4億8,570万ドルから5億8,040万ドルへと増加しています。今後も開発や量産化のための多額の投資が必要なのでキャッシュが手元にあるのはなによりも重要ですね。

(以下追記)Non-GAAPの1株あたり純損失が前年の0.14→0.08ドルとなっています。

見るべきところは以上!かれこれ1時間ほど数字を見てみましたが本当に他に見ておくべきところは特にありません。

マイルストーンの進捗状況(重要)

SECへの開示資料を読めば誰にでもわかることではありますが、非常に重要な内容が含まれていますのでここに要約しておきます。

  • 生産に向けた準備が順調に進んでおり、次のフェーズへ移行する予定。特許数は100を超えた。
  • 本日ソフトウェアを組み合わせた最初の公開デモを発表
  • ルミナー製品の採用目標を3件から6件へと引き上げ(ここが重要!)
  • 今年のオーダーを前年比40%増から60%増へと引き上げ(これも重要!)
  • 目標は順調なので引き続きキャッシュは増えていくだろう

これまでストクロでも触れてきた特許の優位性について、具体的に100件目を取得した(Q2内に)との記載があります。そしてこの特許数は他のすべての上場LiDAR企業の全ての特許数合計を上回るということです。ルミナー・テクノロジーズが業界のリーダーであるために非常に重要なポイントです。

それから、採用目標数を引き上げたという部分は同様に極めて注目すべきでしょう。実際フォーム8-K内で「ルミナーにとってのMajor Winとは、業界のメジャープレーヤーと書面で合意したもの」とあるように、様々な相手と「商談中である」という事実はもはやルミナーにとって既に通過点であり、今後具体的な大手企業との契約が発表されるものと思われます。おそらくもう複数の大手メーカーと契約を交わす段階にきているのでしょう。

これがルミナーのLiDARチップ、小さい!(素人感)

オースティン・ラッセルプロアクティブ・セーフティーテストと名付けた自動ブレーキのテストの様子を語っています。 レクサスにテスト機器が搭載されているのは意味ありげでいいのですがなぜか載ってるのはIrisではなくHydraですね。

Sentinelが進化を続けているという説明で、個々の異なるオブジェクトの検出と地平線(サムネイルに見えている緑の水平線)の検出・制御が大幅に進歩することでセンサーが本当に必要な情報にフォーカスできるようになっている、というような漠然とした解説はさておき、せめて横向きの動画にしてくださいよ、ルミナーさん!

最後に四半期ごとに公開されている次の四半期に向けての動画です。今回は特に新鮮味のない動画だったので正直言って投資家が見ると逆に心配になるのではないかと思いましたが気になる方は一応さっと見ておいても良いでしょう。

個人的なことですが、LAZR株をこの下落で1,000株以上追加しました。このタイミングで買う理由はいくつかありますが、まず今年買った複数の米国株でかなり大きな利益が出ていてルミナーの含み損の影響が拡大してもほぼ問題なくなったことと、ルミナーのビジネスの全体像がいよいよ姿を表そうとしているので一般に認知される前に買っておいたほうが良いだろうという判断です。

世間にあふれるルミナーへの懐疑的な意見についても認識しています。たとえば古い話で恐縮ですがイーロン・マスクがLiDARテクノロジーをこき下ろしており批判的であること、自律運転が思ったほど普及しないこともありえるという予想(これは金融系のプロからの意見も多い)、LiDAR関連企業が多すぎて製品シェアを獲得するのは難しいのではないかという考えなどなどです。

わたしの意見はこうです。まずイーロン・マスクの見解について。これまで何度もこのことについて書いているのですが、イーロン・マスクはLiDARの本質についてかつては理解していなかったのだと思っています。オースティン・ラッセルはLiDARがないと自律運転はできないと言っているわけではなく「かなり難しいだろう」と表現しており、一方イーロン・マスクもここまで散々やってみて「自動運転は難しい」と述べていることから、実は双方の見方は矛盾していません。テスラのFSDは全く使い物にならないわけではなく、カメラ頼みのテクノロジーとしては究極的なハイレベルにあることは間違いありませんが、あと一歩及ばない部分が積み重なって「難しい」となっているわけで、その最後の一歩を補完するのがLiDARだとするルミナーのコンセプトはなんら的外れではないでしょう。もう一点、わたしはテスラ株もかなり買っていますから、そうなるとテスラかルミナーか、正しいのはどちらか一方だというような極端な考え方はそもそも意味がないと思います。

次に、自律運転が思ったほど普及しないとしたら、もはやそれは天地がひっくり返るほどの非常事態ということになるでしょうね。自律運転は今後急速に拡大します。もう普及しない理由や可能性を考える必要はありません。わたしが大きな期待を持っているのは、ARKが公表した自律運転普及によるライドヘイリング市場の拡大です。これにより混雑が煩わしいバスや電車を使わず、もしかしたらタクシーより安く目的地まで直接たどりつけることになるからで、唯一心配しているのは「運動不足」です!ARKは投資家がMaaS(Mobility as a Service)の重要性を理解していないと考えています。多くの投資家が今理解しているのは、自動車の世界がどのように変革していくかということよりもどのメーカーがどんなモデルをいくらぐらいで売るのか、またUberやDiDiがどんな風に普及していくのか、などであり自動車業界の仕組みそのものではないということです。

LiDARビジネスは競合が多すぎるという考え方は事実だと思います。しかし上に書いたことと似ているかもしれませんが、ルミナーが勝つか、ベロダインが勝つのか、あるいはイノビズ(INVZ)が大勝利をおさめるのか、そして勝てなかったら全部淘汰されるのかというような極端な考え方よりも、競合が多くなるほど魅力的な市場であり、LiDAR企業群がしのぎを削るほど業界は強固になりテクノロジーも進化するというのが経済の歴史であるという認識を持っています。おそらく現在30社ほどある主要LiDARメーカーはM&Aなどによって半分、いや3分の1程度にまとまるのではないでしょうか。そしてルミナーは最後に生き残るメーカーの一つになると確信しています。

世界市場で400兆円近いとも言われる巨大な自動車産業に加え、ルミナーの顧客は130兆円市場の航空機産業にも及んでいます。530兆円市場の0.02%を獲得できれば10億ドルのビジネス成立となります。これにロボットなどの異なる業界がターゲットとして加わります。

補足として、ルミナーは開示資料の中で「2021年末までにSentinelソリューションのα版をリリースする」としていますので、そうなるとβリリースは来年夏~秋頃となり、ボルボXC90発売後はβサービスから始まってOTAでβが外れるのだろうか、と思いました。以前ボルボとの契約発表後に書いた記事では2022年の売上にどう影響するだろうというシミュレーションをしていますがボルボの売上は思っていたより来年の後半に集中するようにも思えます。

6 thoughts on “ルミナーのQ2決算も順調!”
  1. 今回も有益な情報ありがとうございます。大変参考になりました。
    可能であれば教えていただきたいのですが、Mr.Stockさんがここまでルミナーの躍進を信じてやまない理由は何でしょうか?やはりオースティンラッセルだからでしょうか?

    1. お褒めいただきありがとうございます、結局ルミナーのことばかりでブログタイトルもルミナーテクノロジーズ研究所とかにした方が良かったぐらいですかね、ルミナーを信じる理由は一番良いものを良いコンセプトで、良いスタッフにより作っているように思えるからですね。調査し続けてきた今は大きく当たると信じて1ミリも疑ってないです。

      今晩はまた大きく下げそうですがどうなりますかね、とにかく成長性が信じるに足りるものなら忍耐ですよ!火がついたら早いと思います。

  2. なるほど!人と物が良ければ間違いないですね!ありがとうございました。今は耐える時ですね。

    1. ハドウさん、たとえばテスラでさえ低位株を脱出した2013年春から4年もの間レンジ内でさまよい、少し切り上げた2017年からまた3年間のSideways Trend=上がったり下がったりを繰り返していましたが、本当に爆発したのは2019年末から2020年にかけてです。わたしたちが過去に戻って2013年のテスラホルダーにアドバイスできるとしたら「絶対に売るな!」になりますよね。最も大きく儲けたテスラの株主は少なくとも7年以上待ったことになります。LAZR株、昨日もかなり下げましたがまだ全然始まってない株なのでこの段階での低迷はもう仕方ないですね、「放置」しときましょう!

  3. 昨日も大きく下げましたね。ベロダインも相変わらずボロボロですが、とりあえず放置ですね!

  4. 下げてますね〜今日もまた一段と下げそうですしこりゃ相場見ずにほっとくのが吉ですよ。しばらく様子見で瀕死状態の投資家がもうダメ!となった時に買い始めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です