昨日はルミナー・テクノロジーズの株主総会が開催された日。そこで発表されたのが2名の取締役就任についてでした。この件、実はこのわたしが5月5日のこの記事で書いたとおりで、1人はサンフランシスコの投資会社クレッセンド・コーブで5年前から投資責任者の職を務めるジュン・ホン・ヘン氏、もう1人が有名なVCセコイア・キャピタルのパートナーであるショーン・マグワイア氏。

追記:6月9日SECに提出された資料を見ると5月5日に書いていたとおりもう1名キャサリン・A・マーティンが取締役に追加されているのがわかります。シリコンバレーの法律事務所ウィルソン・ソンシーニのパートナーです。

いい会社にはいい人材が集まり、さらにいい会社になっていく、といういい例ですね。詳細な絵を書いているのはオースティン・ラッセルではないはずですが会社自体の人脈はキラキラ輝かんばかりです。

そういえば先週は役員のコルトラン・ベンジャミン・ジョンが160万株以上を相対で処分し、数十億円の現金を手にした模様。SECフォーム4を見てみると出てくるG2VP LLCという投資ファンド、日本の三井物産が資本参加しているんですね、G2VPのポートフォリオにはルミナー・テクノロジーズの名前と共に「LuminarLiDAR技術により、(中略)自律走行車が近い将来の現実になることが可能になります。」と説明されています。

本日の市場では昨日に引き続きLAZRが下げていますが、日足のチャートは大きく下落した2月22~23日頃のパターンの上下を逆さまにした感じで、23ドル後半でしっかり踏みとどまればチャート上では30ドルへ向かっていくイメージができそうですね。

One thought on “ルミナーのさらなる人材確保”
  1. […] ルミナー・テクノロジーズは8月4日水曜日に次の決算発表を予定しています。今年の通期売上高の予測は概ね2700万ドル程度、来年でさえわずか3500万ドルの規模とみられます。もう夏休み前で今後大きなニュースが立て続けにあるとも思えないので、ひとまず来月頭の収益状況を見守るしかありませんね。このまま2年ほど計画を上回って事業が進展していくようならわたしたちの希望通りLAZRで一儲けすることが可能になると思います。そういえば取締役に就任したばかりのジュン・ホン・ヘン氏が22ドルで4,545株、同じく取締役のマシュー・シモンチーニ氏も22ドルで22,727株を買ったようですが、この下落局面ですからインサイダーが売ったというよりは買ったニュースのほうが多少の安心感にはつながりそうです。ちなみにインサイダーの売り買いはiOS用のアプリInsider Formsでチェックできるので便利です。モバイルでもっと便利なツールがあるようでしたらどなたか教えて下さい。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です